職安で求人を探す時のコツ

職安で求人を探す時のコツ

職安で求人を探す時にどういった事を気をつければ良いのか、
何を重視すべきなのかお伝えします。

一番見るべきところは、面接の有無と給料・経験のありなし
です。
求人票を見るとき、この3点は絶対に見落とさないでください。

まず、面接の有無についてですが、最近は面接しなくても
入社できますという求人が出てきています。

これは企業の立場からすれば、どんどん入社させるだけさせておいて、
使えないと思えばすぐに退職させるといった手法を取っている場合があるので
気をつけましょう。
入社したらすぐ切られるといった事も起こりえます。

2番目は、給料ですが、みなさんにとってはできるだけ高い方が良いと
考えていらっしゃらないでしょうか?
これは危険性もあって、最初から給料が高いという事は
それだけ辞めやすい求人であったり、特別高い人の事例を持ってきて
給料が良いという風に見せかけている場合もあります。
基本的には、ヘッドハンティングでもない限り、キャリアが上がっていくにつれて
給与が高くなるというのが自然です。

3番目は経験のありなしをチェックしましょう。
特に未経験OKという風に職安の求人には書かれているケースがありますが
誰でもできる代わりに凄く給料が安かったり、入社後に選別して
給料を下げるといった事をされる場合があるので求人内容をよく確認するようにしてください。

以上、3点についてしっかりと検討することが大切ですが、
職安で求人を探すだけでなく求人情報誌や新聞の折り込みチラシなど
別の探し方も色々と試してみる事をおすすめします。

求人といっても様々な職種や業種があり、自分が探しているものが必ず見つかるという
訳ではないので日ごろからアンテナを張って見たり調べたりするようにしてください。